スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ウェディングキャンドル
2011 / 02 / 28 ( Mon )
去年、冬が来る前に
「ウェディングの席で使うキャンドルを作って欲しい」
というご連絡を頂きました。

その方は
以前このブログで見たキャンドルに一目惚れをした。と話してくれて
できればそれを出席される方のテーブルに置きたいとのご依頼でした。


その一目惚れしてくれたキャンドルは
こちらの記事のまあるい碧色のキャンドル。
 
   「新たな挑戦。」


そんな風に言ってもらえた事と
大切な席に、私のキャンドルを選んでもらえたことがとても嬉しくて
今回お引き受けさせていただくことにしました。


けれども、嬉しい気持ちの反面、
実は少々不安もありました。
正直・・・見ていただいたキャンドルは
わたしにとっても偶然の産物・・・。
わたしの技術不足もありますが
円柱ではなく丸いキャンドルは
グラデーションを出すのがとても難しい・・・。
ふたつとして同じものが出来ないキャンドルを
どこまで理想に近づけることが出来るか。


でも悩んでいても始まらない。
まずはやってみよう!ということで
この日からわたしの研究が始まりました。


注ぐタイミングや速度、温度。
毎日、秒単位でメモを取るけれど
その日の気温や湿度、些細な条件の違いで
細かく取ったメモも当てにならないことがわかりました。
ちょっと気を緩めると、タイミングを逃し
色の出方が雑だったり、気泡が目立っていたり・・・


Img013_600x800_20110228195426.jpg


それでも、
回数を重ねるごとにコツを掴み
想う色やグラデーションも出せる様になってきて・・・
Img006_600x800_20110228195425.jpg



毎日作り続ける中で
自分にとって最高のひとつに出会えたときは
今までキャンドルを作ってきた中で
味わったことのない深い喜びを感じました。
Img004_600x800_20110228195426.jpg



振りかえると
ひとつのキャンドルにここまで真剣に取り組んだことは
今までなかったかも知れません。
そして、真剣に取り組み自分の手と目で
得ることの出来たこの技術・感覚は
これからの私にとって宝となりました。
今までも、決して適当に作ってきたつもりはないけれど
作品に対する思い入れや自信は
こういう作業を通して生まれてくるものなんだと
今回、実感することが出来ました。



ウェディングのお席には
このキャンドルの他に席札もキャンドルでというご依頼があり
そちらも制作させていただきました。
Img001_600x800 (2)
こちらは芯はつけていないので灯せません。
ただ、ご自宅でも飾っていただけるようにと
男女色違いのリボンを通しました。


そしてお子様にはスイーツキャンドルを。
Img006_600x800_20110228201329.jpg


遠方の方だったので
無事に届いてくれるかとても心配でしたが
先日、破損なく届いたと連絡もいただけて一安心。
我が子を遠くへ送り出す母はこんな気持ちなのかな・・・
なんて思ってしまいました。


今回、私にとても貴重な経験をさせてくださったE様。
本当にありがとうございました。
お二人にとって大切な日のお手伝いをさせていただけたこと
心から嬉しく思っています。
最後にメールで伝えてくれた
「何より、micchiさんの人柄に惚れました」という言葉。
これからもずっと、その言葉に励まされて
キャンドル作りを続けていくと思います。


どうぞ記念すべき日が、おふたりとご家族みなさんにとって
素敵な一日になりますように。
そして、いつまでも末永くお幸せに。
Img019_1582x2048_20110228195425.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ



スポンサーサイト
20 : 38 : 10 | 未分類 | コメント(12) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。